バイク復帰へ向けて2017年07月18日 15時34分

4月27日に退院して、少しずつ体も回復してきました。バイクに乗りたい気も強いですが、一気に公道に出る気にはならず、まずホンダのレインボーモータースクールで開催されている、免許を持った人たちへの講習に7月16日日曜午後に参加してきました。ここは5年前に免許を取って大型バイクに乗り始めた時もその後も3回ほど来ています。本体は自動車学校です。
これがバイクの教習コース。まだ教習中の方が、おずおずと走っていました。
これに乗るのかと思っていましたが、これは教習車。ギアの位置やブレーキを使ったかどうか、教官にわかるように、たくさんのランプ類が前後に取り付けられています。
こちらが今日のHMS(ホンダモーターサイクリストスクール)に使用されるバイクです。今日は初級コースのベーシックという、免許取りたての人や長い間バイクに乗っていない人へ向けたコースを受講することにしました。この青いのがCB400SFで、今日私が乗るバイクです。いきなり大きいのは自信がなかったので小さいのにしました。
久しぶりのバイクにおまけに初めのバイクなので、ブレーキの具合やクラッチの繋がり具合、ギアの位置などに戸惑い、止まっているときに急にエンジンが止まり支えきれず、2度転倒しました。ケガはありません。こういうのがあるので、公道に出る前に確認できて良かったです。
で、次の7月17日月曜日の休み、どうしようかと迷いましたが、以前の計画通り、家の近くの新幹線高架の下にある直線道路を走ってみることにしました。途中信号が何度もあるので、停止発進の練習になります。急ブレーキをかけるとぐらついて転倒する恐れがあるので、車間距離をしっかりとって、ユックリ止まります。だいぶ走った後で、左手が痛んできたので、コースを変えて、入院していた病院まで走って寄らずに左折して家まで帰ってきました。26.4kmでした。1時間はかかっていないと思います。
これでバイク復活への第一段階がスタートしました。あと数回これを繰り返し、自信が付いたら、今までいつも走りに行っていた、二丈パーキングまで往復100キロを走ってみます。
秋には阿蘇へ行きたいと思います。この山の頂上へ上るのはまだ先だと思いますけど、復活へ向けてまずスタートです。



花畑園芸公園2017年06月25日 06時13分

これまた、1週間遅れのアップです。先週の6月18日日曜のことです。家内と車で20分の福岡市花畑園芸公園に行って来ました。いいお天気でした。
入り口。
ニュートンのリンゴの木。
よく見ると小さい実がたくさんなっていました。写真の中央に一つ見えるよ。
キウイのドーム。
これからはアジサイがたくさん。これは桜の木の下。



触るとふんわりヒンヤリ。
雰囲気の良いベンチ。

サルビアの花が真っ赤。


ドールハウスにいいなと思った。板の壁だけ。小屋はない。
今回がっかりの一つ。温室がすべて駄目。改修中か、廃止になっていた。これは部屋いっぱい水栽培のトマトの木があったのだけど、なくなって新たに育て始めたらしい。
がっかりしてもう見るものもないねと、果樹園の方に回ってみる。大きな柿の木がたくさんあった。かっこいい。
タイサンボク。花は檸檬の香りがするらしいけど、ちょっと遠かった。
で、1時間くらいで帰った。ちょっと残念でした。今度は秋かなあ。モミジもあるし。



宮地嶽神社江戸菖蒲祭り2017年06月18日 16時44分

先週の日曜日(6月11日)、家内とドライブがてら宮地嶽神社に菖蒲を見に行ってきました。江戸菖蒲祭り最終日ということもあり、さすがに菖蒲の花も終わりに近かったです。

日本一の大注連縄と言われています。




淡島神社は縁結びの神様。

金印のモニュメント。
晴天続きで菖蒲も元気なし。

たまにきれいな姿の花もある。


古民家が移築されていて、小物売り屋が入っている。


金ぴかの屋根。商売の神様です。
おみくじがぎっしり。
普段は何もない広場に仮設の池が。


年に二回、この道の先に夕日が沈み光の道となる。
門前のお店。松ヶ枝餅で有名。
近所の燕。

樫原湿原2017年06月09日 21時25分

先週の土曜のこと(6月3日)ですが、家内と車で佐賀県唐津市七山村の樫原湿原(かしばるしつげん)にいってきました。まだ少し時期が早くて、雨も降っていないので、水が少なく、生物も少なかったです。人影もまばらでした。
この木道を歩きます。「マムシ注意」の立て札がありました。
池の中は土が溜まっていてトキソウがたくさん、咲いていました。
トキソウは蘭の一種です。
ヒツジ草。3センチほどの小さい花です。
ようやく目が慣れてきて、小さいトンボに気が付くようになりました。アオイトトンボが多かったようです。
木陰の木に止まっていた、モノサシトンボです。一定間隔に白い模様がついています。
シオカラトンボの仲間でしょうか。ハラビロトンボ?
お目当ての一つ、日本で一番小さい八丁トンボのオスです。体長1.8センチです。メスは胴体が黒、腹が黒と黄色のシマシマです。だいぶ探しましたが見つかりませんでした。
もう一つ見たかったのがモウセンゴケ。閉じる葉の先端の細い管から液を出し虫を誘って、ぱたっと葉を閉じて食べてしまいます。食虫植物です。午前中に白い花を咲かせるそうですが、見ることはできませんでした。
側道に回ると、エゴノキが満開でいいかおりがしました。
こんなに可憐なのに、葉や花など口に入れると苦い(えぐい)からこの名前が付いたのだそうです。
ヤマアジサイ一種?
帰りに近くの観音の滝(日本100名滝)によりました。下の滝つぼのすぐ近くまで降りました。
脇道にはユキノシタがたくさん咲いていました。
もう2時近くになっていたので、駐車場わきの食堂で「冷やし葉ワサビそば」なるものを食べました。最近は家内と少しでも出歩くようにしています。次はどこに行きましょうかねえ。




アオバズク2017年06月03日 14時13分

去年は行きたくて行けなかったので、今年は思い立ったら吉日とばかりに、家内を誘って、車で20分の神社に出かけてみました。いつもいる木のいつもいるところあたりに一羽だけ見かけました。
撮影しているときは幼鳥かなと思いましたが、まだ時期的には早すぎるなあと思いましたが、こうやってみてみるとやはり親鳥のようです。相方さんはどうしたのでしょう?巣にいて卵を抱いているとかならいいですが。
大抵目をつぶってじっとしていますが、たまに目を開けてにらみます。

ニコンD7200 + AF-S 200-500mm 1:5.6E ED
750mm相当で撮ってます。手ぶれ補正が良く効いて、125分の一秒で、きれいに撮れました。あしたは八丁トンボを撮りに行く予定です。