国東ツーリング2016年07月22日 22時08分

3連休の最終日(7月18日月曜)、意外とお天気が良くなったので、遅くなったけど、かねてからの懸案の道の駅訪問と宇佐神宮、国東半島一周をすべて混ぜて、行ってみることにした。
時間的にはギリギリだろうから、道の駅を3つつぶすことと宇佐神宮訪問だけを目的とした。他のことは二の次ということで。

で、出発したのが午前9時前というのんびりとしたもの。大分自動車道を日田で降りて、212号線を北上、中津を目指す。
途中青の洞門の方へ曲がり損ねたので、その先のオランダ橋で休憩。これは珍しい8連の石橋です。
釣り人が一人、竿を投げていました。鮎でしょうか。
しばらく走って、大きな道路(国道10号線)沿いに最近できた道の駅なかつへ立ち寄る。結構な人手と車でしたが、バイクはすんなり入れました。
ここの名物の一つ。黒田官兵衛ソフト。大分名産の黒大豆をつかってあるとか。赤いのがカブトのようです。ちょっと無理があります。黒豆はおいしかったです。
道の駅のスタンプ、げっと。77駅目。
そこから少し走って、今回の目的地の一つ、宇佐神宮へ。
一の大鳥居からかなり歩いて、最後は石段がちょっと続いて、後期高齢者の方々には大変でしょう。お参りはは元気なうちに。
本殿は国宝です。
本殿の内部。
おみくじもこうして結ぶと木も傷みません。
阿蘇神社に続いて二件目の御朱印げっと。
その後は国東半島を一周します。豊後高田も素通りし、やがて見えてきた海岸は、夕日で有名な真玉海岸。遠浅で、潮紋がきれいです。夕陽と潮紋の描く風景が有名です。
恋叶ロードというちょっと気恥しい名前の付いた道路を走ります。途中長崎鼻という春の菜の花で有名なところに立ち寄ります。ヒマワリが満開です、という看板が見えたため寄り道しました。本格的に見るには入場料と駐車料が必要みたいだったので、道端のひまわりで我慢しました。
途中、姫島へ渡るフェリーの港(井美港)へ寄ってみました。運よくフェリーが見えました。
まっすぐ突っ込んできます。どうやって接岸するのかなあとみていると・・・

あと1mというくらいのところで見事接岸しました。
 そこから10分ほど走ると、道の駅くにみがありました。有名なタコ飯を食べたかったのですが、1時過ぎということもあり満員で、あきらめました。
ちょっと海が見たかったので、堤防を歩いて先端へ。向こうに見えるのが姫島です。7不思議やキツネの盆踊りやエビの養殖で有名です。5kmしか離れていないので、フェリーで25分だそうです。
道の駅くにみのスタンプゲット。78駅目。
それから、あとはあまり面白くない道を走って、着いたのが、道の駅くにさき。意外とこじんまりしている。右の方は大きな松の木の森みたいになっています。サイクリングセンターが併設されています。ここで食べないとあとでコンビニおにぎりになりそうだったので、隣のレストランに入った。
太刀魚のかば焼きが乗った太刀重。柔らかくておいしかった。
道の駅国東のスタンプげっと。これで79駅目になりました。
九州の道の駅は毎年、3,4件増えているのですが、125件として、これでおよそ3分の2近くなりました。後は、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄などで、これからが大変です。

その後、大分空港通過、杵築城通過で、日出インターから大分自動車道、九州自動車道と走って、386km、6時20分頃、無事に帰宅しました。9時間半くらいの走行でした。

帰りの高速の途中で、ものすごくきつくなり、何度もSAやPAに止まりました。スポーツドリンクを飲み、ベンチに座って目を閉じていました。どのくらい経ったか意外とすっきりしたので、その後は、快調に帰れました。

この次は、どこにしましょうかねえ。天草に行くか、指宿枕崎野間岬方面にしますかねえ。ちょっと検討します。




ひまわりが咲いていたよ2016年07月10日 16時54分

昨日は久しぶりにいいお天気だったので、ちょっとバイクで走ってきました。130kmほど。ここはいつも通る道ですが、もうヒマワリが咲いていました。帰りに寄って、写真を撮りました。
小ぶりの直径15センチ以下のものです。背丈も腰のちょっと上くらいでしょうか。
ミラーに映して。
タンクにヒマワリが写っていました。

家の庭に唯一咲いている花です。キキョウ。

先日勝手口の横でクマゼミが羽化していました。庭の木ではまだ見かけません。たまには泣いているようなのですが、抜け殻もまだ目立ちません。雨がやまないとうっかり出てこれませんねえ。





ブルーインパルス2016年06月26日 22時04分

ライオンズクラブ国際大会が福岡市で開催されるのをお祝いして、今日午後1時半ころ、ブルーインパルスが飛んできました。
昨日の予行演習の時は雨上がりで曇っていましたが、家の前で偶然ちょっとだけ見ることができました。
今日は朝から快晴だったので、午前中バイクで100kmほど走ってきて、なんとか1時半前に帰宅したので、まだ間に合うかなあと家内と娘と3人で空を見上げました。
しばらくして、ずっと先の屋根の上に白い線が見えました。音はあまり聞こえません。すぐ見えなくなって、また見えたときは「サクラ」を書き始めました。




サクラを書き始めた。

サクラほとん完成。



この後、ずっと先を旋回してなんと我が家の真上を通過していきました。
突然現れたので、撮影もできず、うわーっと歓声を上げて見送るだけでした。
家内は初めてブルーインパルスを見ることができて喜んでいました。
娘はブルーインパルスに手を振っていました。

ウクライナのハリコフ2016年06月11日 21時47分

この前買ったウクライナのハリコフのフィルムカメラで撮ったフィルムが現像が終わったので、紹介します。
 一目見た印象が、色が偏っている、というものでした。ちょっと黄色が足りないかな?という感じです。写りは割といいです。
こういうのを撮るときはあまり感じませんが、家をを撮ろうとすると、55mmは相当望遠だと感じます。かなり後ろに下がらないと家が入りません。





で、左下のところに少し光線引きが出ています。カメラのせいなのか、フィルムの取り扱いのせいなのか、不明です。
スマホで横に撮ると、古墳が全体が入ります。28mmくらいですかね。

(スマホの写真)




(スマホの写真)



少しひずんで見えます。樽型ですかね。それと写真の傾き気になります。最後の方なので、散歩で疲れていたのかもしれません。それともピント合わせに気が行って、構えがおろそかになったのかもです。
今後は、フィルムを変えてみる(今回はおまけのフジの業務用24枚撮り)ことですかね。コダックあたりで撮ってみましょうか。
フィルターは一応UVフィルターを付けてあります。

ご覧の皆さんは、どういう印象を持たれましたでしょうか?

フィルムとデジタル2016年05月28日 12時22分

フィルムカメラを点検していたら、フィルムが入ったままになったのが何台かありました。そのうちNIKON FMに入っていたフィルム(富士フィルム PROVIA100F)を現像に出してみました。送ってきたデーターを見ると、ほったらかしにしていた割にはきれいでした。ちょっと青みがあるかなと思い、デジタルのデータを探してみたら、なんと2012年11月28日で、3年半も前のものでした。カメラに入れたまま、防湿庫に入れっぱなしでしたが、意外と劣化していませんでした。
写真は修整はしておらず、フィルムを現像したままです。ポジフィルム(スライドフィルム)なので、本当はもっとパット明るいはずなのですが、曇り空ということとフィルターなしということで、ちょっと色が悪いです。
比較に挙げたのは、リコーのコンデジのGRD3です。これも修正していません。

上がフィルム、下がデジタルの繰り返しです。
フィルム。

デジタル

フィルム

デジタル

フィルム

デジタル

フィルム

デジタル

フィルム

デジタル

いかがでしょうか?

あと、フィルムだけのデーターをアップしておきます。
これなんかきれいな色が出ていると思います。
灯篭のキラキラ感がすてきです。
銀杏の木の迫力がでました。
初冬の夕暮れです。
フィルムカメラ。nikomat ELが写っているので最近の撮影です。フィルムの残りで撮ったものだと思います。


フィルムも、スキャンしてデーターとして取り込めるようになったので(現像所がやってくれる)、便利になりました。
こうして使ってみると、デジタルの便利さは比較になりません。
でも、趣味としてはフィルムで撮る、というのもありかなあと感じる今日この頃です。