樫原湿原2017年06月09日 21時25分

先週の土曜のこと(6月3日)ですが、家内と車で佐賀県唐津市七山村の樫原湿原(かしばるしつげん)にいってきました。まだ少し時期が早くて、雨も降っていないので、水が少なく、生物も少なかったです。人影もまばらでした。
この木道を歩きます。「マムシ注意」の立て札がありました。
池の中は土が溜まっていてトキソウがたくさん、咲いていました。
トキソウは蘭の一種です。
ヒツジ草。3センチほどの小さい花です。
ようやく目が慣れてきて、小さいトンボに気が付くようになりました。アオイトトンボが多かったようです。
木陰の木に止まっていた、モノサシトンボです。一定間隔に白い模様がついています。
シオカラトンボの仲間でしょうか。ハラビロトンボ?
お目当ての一つ、日本で一番小さい八丁トンボのオスです。体長1.8センチです。メスは胴体が黒、腹が黒と黄色のシマシマです。だいぶ探しましたが見つかりませんでした。
もう一つ見たかったのがモウセンゴケ。閉じる葉の先端の細い管から液を出し虫を誘って、ぱたっと葉を閉じて食べてしまいます。食虫植物です。午前中に白い花を咲かせるそうですが、見ることはできませんでした。
側道に回ると、エゴノキが満開でいいかおりがしました。
こんなに可憐なのに、葉や花など口に入れると苦い(えぐい)からこの名前が付いたのだそうです。
ヤマアジサイ一種?
帰りに近くの観音の滝(日本100名滝)によりました。下の滝つぼのすぐ近くまで降りました。
脇道にはユキノシタがたくさん咲いていました。
もう2時近くになっていたので、駐車場わきの食堂で「冷やし葉ワサビそば」なるものを食べました。最近は家内と少しでも出歩くようにしています。次はどこに行きましょうかねえ。




セミが鳴きだした2014年07月19日 11時05分

今朝はセミの声で起こされました。先週くらいから近所のお宅の庭や近くの公園ではすでにセミが鳴いていました。我が家の庭でも今朝からようやく鳴きはじめました。
さっそく、双眼鏡で探索です。すぐ見つかりました。クマゼミばかりです。

一枚に2匹見えます。赤い丸で囲んでいます。

この3連休、天気予報では晴れ時々曇りですが、ちょっと曇っています。梅雨明け宣言は明日でしょうかねえ。

初セミ2013年07月07日 08時59分

雨がどうにか上がり、少し陽がさしたり曇ったりを繰り返しています。庭で初めてセミが鳴きました。まだうまく鳴けず、数秒鳴いては止み、しばらくしてまた数秒鳴くといった具合です。
双眼鏡でクロガネモチの木(右端の一番高い木)の上の方を探してやっと見つけました。クマゼミの雄です。
トリミングしてみました。胸の共鳴板が見えます。オスです。その上の白い部分が何かわかりません、いずれ引っ込むのでしょうか、それとも落ちるのでしょうか?こういう生まれたばかりの個体を見るのは初めてです。羽化したばかりの時に、抜け殻とつながっている白いものがありますが、その名残でしょうかねえ。また調べましょう。



妖精?2012年12月20日 17時37分

宿直明けの午後、ほんの少しの転寝の後、庭を見るともう日は傾きかけている。木の下に何かきらきら光る塊がある。なんだろう。とてもきれい。あわててニコンD300に70-200ズームを付けて撮る。小さいのでピントが合わないので、マニュアルで合わせてみる。
画像を拡大してみるとなんだか虫が飛んでいるようだ。もう少し大きく取れないかと庭に降りてみる。ところが光の具合かキラキラが見えなくなる。あちこち見まわしていると、いた。
比較的よく写っている部分をトリミング。

トリミング。なんだか蚊とかガガンボみたいな感じ。

この格好は、ユキノシタの花にも似ている。天使が舞い降りている感じ。

車庫の屋根を背景に撮ったものによく写っているんがあった。トリミング。
これは途中で、正体を知りたくて、かぶっていた毛糸の帽子で捕まえた1匹。蚊にしては羽が大きいですね。ガガンボの小さい種類かもしれません。
普段何気なく見ているもの、見過ごしているものにふと目を止めてみると、こんな小さな命がたくさん舞っていたのでした。へーというか、うわーというか、なんとも驚きでした。
それにしてもこういう時はデジタルの独壇場ですねえ。およぞ100枚くらい撮りました。そのうちの数枚です。これがもしフィルムしかない時代だったらどうするでしょうねえ。36枚撮りフィルム3本も撮るでしょうか?まあ1本は撮るかもしれませんね。2本目は入れないでしょうねえ。そして現像に出す。今なら1時間ですが、昔は早くて次の日ですか?写っているなら幸せです。

さあ、この虫の名前です。どなたかお判りでしょうか?
といって、図鑑で調べ、名前がわかったらグーグルで検索して正体を調べる。そしてまたへーとうなる。
こういうのが楽しいんですよね。
えっと思って撮る。調べる、納得する。
私はこの「えっ?」というのと「調べる」というのを大事にしたいと思います。

樫原湿原2012年08月19日 22時07分

久しぶりに佐賀県七山の樫原湿原(かしばるしつげん)に行ってきました。
今日は車でのお出かけです。
例年ですと7月に行くことが多いのですが、今年は盆過ぎと遅いです。お目当てのハッチョウトンボとサギ草は見られるでしょうか。

ちょっと草が茂りすぎています。

もう糸トンボも少なく、久しぶりなのでなかなか見つけられません。

それでもハッチョウトンボの雄がいました。日本で一番小さいトンボです。体長2センチほどです。メスは縞々の少し地味な色です。

サギ草もまだ咲いていました。

距離が遠いのでなかなかいい状態で撮れません。

これくらい離れたところに咲いています。

ひときわ目立つのがこれ。

サワギキョウ(キキョウ科)佐賀県RDBⅡ

サイヨウシャジン(キキョウ科)

これはどこにでもあるヘクソカズラ。かわいそうな名前ですね。


ヌマトラノオ(サクラソウ科)

なでしこ


歩道のわきに栗の木が。



これは例のヤマトシリアゲ。なんかもう珍しくなくなりましたねえ。

マユタテアカネ


のっぼさん。

よく見かけるやつ。羽の光沢がすごいです。

モノサシトンボ

久しぶりにゆっくり観察しました。ちょっと人が多すぎですね。おしゃべりがうるさいです。
やはり7月ぐらいがいいみたいです。でも今年は雨が続きましたからねえ。
久しぶりに車を運転したら、帰りは肩が凝って仕方がありませんでした。仕事では毎日乗っているんですけどね。
それと大型バイクのツーリンググループとたくさんすれ違いました。やはりバイクがいいなあ。でも今日はカメラを持ってきたのでバイクではちょっと無理でした。